インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」の脆弱性について

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」に脆弱性が発見され、暗号化されている通信の内容が漏えいする可能性があると一部メディアで報じられていますのでご注意ください。

なお、本サイトは、「TLS」(インターネット通信で使用する暗号化方式)「SSL3.0」の次のバージョン)に対応しております。「TLS」をご使用いただくことで、安全な環境下でご利用いただけます。
「IE8以降」「Chrome」「Safari」では初期設定で「TLS」が有効となっており、お客さまご自身で設定変更されない限り「TLS」での通信が行われます。
ブラウザの設定で「TLS」を無効化されたお客様、「Internet Explorer 6.0」以前のブラウザをご利用のお客様におかれましては、「SSL3.0」を無効化することをおすすめします。

一部の古い携帯電話(フィーチャーフォン)<iモードブラウザ1.0(主に2009年3月までに発売)>をご利用のお客様におかれましては、恐れ入りますが「TLS」対応のPCやスマートフォンでの接続をいただけますようお願い致します。


「SSL3.0」の脆弱性対策について、詳しくは独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のサイトをご参照ください。



<閉じる>